「ほっ」と。キャンペーン

ばななんぼうの部屋

bnnb.exblog.jp
ブログトップ

え?秋ですか…?いえいえ春です!?

c0150825_919306.jpg

初夏の風に揺れる秋桜。
安倍文殊院では、春咲き秋桜が見頃を迎えています。



c0150825_928389.jpg

一昨日、お昼から代休がとれたので、気分転換に髪を切りに行ったんやけど、その前に、チョット寄り道。

日本三文殊第一霊場「安倍文殊院」

c0150825_9453897.jpg

山門

安倍文殊院は、645年「安倍一族」の本拠地であったこの地に、大化の改新新政府の左大臣安倍倉梯麻呂が安倍一族の氏寺「安倍寺」を建立したのが始まりだとか。

奈良時代には、「天の原ふりさけみれば春日なる三笠の山にいでし月かも」の歌で有名な安倍仲麻呂や、平安時代には陰陽師として名高い安倍晴明など、有名な歴史上人物が出生されています。
c0150825_9594765.jpg

山門から本堂への参道 新緑が鮮やか

c0150825_1045198.jpg

本堂

ご本尊の文殊さまがおはします。文殊師利菩薩像。快慶作、高さ7m、日本最大の文殊さまです。
そうそう、「三人寄れば文殊の知恵」ですね。
お姿を拝むには、本堂拝観料700円が必要です。

もちろんご対面してきました。
残念ながら撮影は禁止なので、容量の少ない脳メモリーに記録(笑)
獅子にまたがり、右手に降魔の利剣左手に蓮華を持ったお姿はとても厳かで、すごい迫力。

本堂拝観には、お抹茶とお菓子がついてきます。
c0150825_10313886.jpg

あん入りらくがんがむちゃ美味しい。

c0150825_10383776.jpg

本堂を参拝したあとは、文殊院境内ご利益めぐり。

c0150825_10424859.jpg
c0150825_1043281.jpg

稲荷堂

安倍晴明の母親と伝承される葛葉稲荷大明神が祀られ、財運、金運にご利益があるとか。

c0150825_10495293.jpg

白山堂

室町時代に安倍文殊院の鎮守として造られたお堂。日本最古の縁結びの神様が祀られています。

c0150825_1053036.jpg
c0150825_10572338.jpg

石仏を拝み合格門をくぐって高台へ上がります。

c0150825_10594314.jpg
c0150825_1103510.jpg

晴明堂

安倍晴明天文観測の地。そして、その安倍晴明公がまつられているお堂です。
如意宝珠の玉石はあらゆる願いを叶えて下さるありがたい玉。願い事をし、この玉に触れるとその願いが叶うんだって。

c0150825_1112477.jpg

お堂の前からは、二上山や、大和三山が一望できます。
もうそろそろ天の香具山には白妙の衣が干されているのでしょうか。

c0150825_1115189.jpg

浮御堂

このお堂は七難即滅七福即生の七まいりの行場。
c0150825_11175683.jpg

春咲き秋桜が見事です。

c0150825_11192170.jpg

本堂へ戻ってきました。スタンプラリーを完成させるとお念珠を授けてくださいます。

c0150825_11204982.jpg

鎌倉時代より、安倍晴明の本家寺ということから、「魔除け、災難除け祈祷の寺」として信仰されるようになった安倍文殊院。天橋立の知恩寺、奥州亀岡の大聖寺、とならぶ日本三文殊霊場として、また、ぼけの花、パンジー、桜、つつじ、春咲きコスモス、さつき、秋のコスモス、そして紅葉と、年中花を楽しめるお寺として多くの人々が訪れますが、今日は人も少なく、ゆっくりと静かな時間を過ごすことができました。

少しは知恵を授かったかな。

2009年5月21日(木)訪問

安倍文殊院のHPはコチラ♪
[PR]
by bananan_bou | 2009-05-23 11:49 | 奈良 | Comments(6)
Commented by tomate11 at 2009-05-23 17:41
うわ~!

びっくりしました。季節感が・・・不思議な感じです。

何はともあれ、ゆっくり過ごせることが一番ですね!
久しぶりに奈良へ行きたいです。二上山が見えるとはご縁どすな。

最近は山ばっかり行ってるので、ゆ~っくりカメラ持ってフラフラ~と行きたくなってきました。

でも、ど~も山の本を広げてしまう私でした。
Commented by lazyMiki at 2009-05-23 23:47
春にコスモス。しかもいっぱい咲いてるんですねー。
へぇぇ、そゆこともあるのですのぅ。

奈良は、京都と比べるとまだまだ全然知らないも同然。
(京都だって知らないところはいっぱいなんだけれども。)
こちらのお寺のことも初めてうかがいました。
文殊菩薩は獅子に、普賢菩薩は象に乗っておられるんでしたっけ。
このあたりのホトケ様って、インドとか、あっちの方から伝来したんだな~って感じします。
ちなみにワタシは東寺のイケメン帝釈天サマの大ファンで・・・(って、誰も訊いてないが)。
Commented by タピアン at 2009-05-24 09:42 x
ごぶざたしてます。
春のコスモス、お見事です。どうしても秋の花って思っちゃうんですが…。
ううむ、本当に奈良っていいとこたくさんありますね。高校の卒業旅行が奈良オンリーだったんですが、当時は地味だけどはるか昔、万葉の時代を思わせるところばかり旅しまして…その時に私は体調を崩してしまい、大ピンチを地元の人に救ってもらったりと、いい思い出が残っている所なんですよ。
どうしても京都中心の観光になってしまう事が多いけど、私は個人的には奈良好きなんですよね…。万葉の時代の部分しか旅してないけど、その後の平城京の時代などもあるんですよね。まだ旅行はできない身としてはいっぱいいいとこ紹介してくれるの楽しみにしてます。
Commented by bananan_bou at 2009-05-24 11:02
tomateさん、こんにちは~☆
この日はとても蒸し暑かったんですが、コスモスを見るとなんか涼しげでしょ。
景色だけなら、すっかり秋が深まった感じがします^^
ぜひ、カメラ片手に奈良へお越し下さいませー。
奈良盆地から眺める二上もいにしへに思いを馳せるには最高のロケーションですよ。
もちろん山もいいですけどねー。
Commented by bananan_bou at 2009-05-24 11:12
Mikiさん、こんにちは~☆
たまたま新聞記事でここの春咲きコスモスの話を目にしたんで、急激に興味が湧いてきたんです。その記事の写真が鮮やかだったんで。
そうそう、文殊菩薩さんが獅子で、普賢菩薩さんが象ですよねー。大陸とのつながりを強く感じました。
桜井とか、飛鳥、橿原にもたくさんいいところあるんで、またたくさんレポートしますねー。
Commented by bananan_bou at 2009-05-24 11:21
タピアンさん、こんにちは~☆
こんな時期にコスモスなんて、びっくりでしょ~。
見ている側も季節を勘違いしゃいます^^
万葉をめぐる旅って素敵だと思います。とかく京都に陽の当たってる古都の観光事情ですが、奈良を愛してくださる方がいらっしゃるのは地元民として、とても嬉しいです。
今は、新型インフルエンザの影響で、すっかり修学旅行生の姿が消えちゃってますが・・・
来年は平城京遷都1300年祭、でかお君を連れてぜひお越しくださいませー。