ばななんぼうの部屋

bnnb.exblog.jp
ブログトップ

金沢文豪めぐり/室生犀星

c0150825_21181226.jpg




「室生犀星文学碑前」のバス停を降りると「室生犀星文学碑」があります。
(当たり前やん!!)
小景異情はその二の「ふるさとは遠きにありて思うもの」が有名ですが、ここは「あんずよ」です。
c0150825_2231372.jpg『抒情小曲集』 小景異情 その六

あんずよ
花着け
地ぞ早やに輝やけ
あんずよ花着け
あんずよ燃えよ
ああ あんずよ花着け



c0150825_21203963.jpg

犀川のほとりを歩いて「室生犀星記念館」を目指します。
文学碑からはけっこう遠そうですが、頑張って歩きます。

c0150825_212744.jpg

途中、にし茶屋街をちょこっと見学。
ここも趣があっていいなぁ。

で、15時45分ようやく「室生犀星記念館」に到着しました。ここを見学したら昼ご飯食べるぞ~~!!
c0150825_21321624.jpg

犀星と言えば、詩集『抒情小曲集』が有名で、僕の中では詩人のイメージが強いんですが、もちろん詩のみならず、俳句や小説、随筆にいたるまで、多岐にわたる創作活動をした偉大な作家であることが、この記念館を訪れてみて改めて実感できました。
特に、彼の原点となった生い立ちや挫折、などもわかりやすく解説されており、また直筆原稿や初版本など貴重な資料も多数展示されていて、『抒情小曲集』くらいしかまともに知らない僕でも十分楽しめた記念館でありました。

ささ、お腹が減ってもう動けません~。鏡花の記念館でいただいた金沢の水もとっくに飲み干して、のどもカラカラ!!さ、ご飯食べに行くぞ!!

そう、金沢名物!?ご当地グルメ(けっこうB級!?)
そうです、アレを食べに行きま~~す。
[PR]
by bananan_bou | 2008-08-06 21:49 | 文学散歩 | Comments(2)
Commented by lazyMiki at 2008-08-07 05:37
か、金沢のご当地グルメって何だったっけ・・・。
(お菓子と精進料理以外思い浮かばないようっ!)
でも、観光に夢中になってお昼ご飯が後回しになっちゃう状況、すごくよくわかりますよ。充実していればこそ、なんですよね!

室生犀星の碑は、私も見ました!
・・・けど、私の時(すっごく昔)は、あんまり周辺が整備されてなくて、いまいちショボい印象でした^^;
室生犀星は、小学校の教科書で読んだ随筆だけ、かも・・・。

にしても!
帽子かぶっていかなかったのか!
髪の毛が日焼けして将来○ゲになっても知らないゾっ^0^/
Commented by bananan_bou at 2008-08-07 07:09
Mikiさん、おはようございます。
すっかりお昼ごはんが遅くなっちゃって、ふらふらでした。
犀星の碑があるトコロは綺麗に整備されてましたが、ここだけポツンとしてる感じで、あとどこへ行くのにも遠いなという印象。
でも、この日は、循環バスが1台故障のため、30分間隔の運行。タイミングが悪かったので、今はまだ豊富にある髪の毛を焦がしながら犀川のほとりを歩きました。
○ゲるかな(汗)